ヘンプでアクセサリーなど作っています。編み方や色合いなど日々研究中です。

教室で3種類の物をやりました。

左は ヘンプ初体験のIさんのブレス。
真ん中、右は WさんとMさんの斜め巻き結びブレス。

斜め巻き結びは、毎回苦戦しています。みんながんばっています。
「今までの編み方の集大成みたい」と言う人もいました。
今までの中で一番難しいかもしれません。
編んでる最中は、脳みそフル回転です。
P1030118.jpg
水色の方は、お子さんと共用できるように長さ調整タイプにしました。

Iさんのブレス
真ん中にはふーさんのビーズが輝いていますよ~
ビーズ、とても気に入ってくださいました。
ブログ、見てくれてるかな~~
P1030119.jpg

Kさん作の4つ組のネックレスです。
自宅にあるボタンで作ってみたい、、、、と言うことで
本を参考にして作りました。
80センチ4本を4つ組にして結んだりしてできあがり。
初めての4つ組編み、最後の方は手が慣れてきて良かったです。
ボタンの場所や数は、帰ってから直すそうです。
家で、ぶらさげて遠くから見たりすると
ボタンの位置が決まっていくかもしれませんね。
P1030128.jpg
持ち込みの材料で作る時は、前もって相談していただいています。
ヘンプはあとから紐を足しにくい編み方があるので、前もって試作や計算が必要です。
教えながら器用にそれまではできないので
もし、「こんなの作ってみたいなー」と言う物がありましたら
事前にお知らせしていただけると助かります。


教室は、メインとなる新しい作品があり、あとはそれぞれの段階や希望に応じて作るようにしています。
初めての方は、ねじり編みのブレスからスタートです。
次からは、希望を聞いて、ネックレスやブレスレットなど
簡単なものからやるようにしています。
見本やキットを作っておいて選んでもらって
「次回作る分の仮予約」という形で材料をおとり置きしています。
そうすれば、次に作る時にスムーズに始められるし
私たちも教える分担が前もってできます。
おとり置きしておいても、新しい作品を先に作りたいこともあるし
そのあたりは臨機応変にやっています。

新しい作品は、できれば前の教室の時に見せるようにしていますが
間に合わない時は、連絡担当のケロちゃんが写メで送ってくれています。
作る物をよく見られる、と好評です。
ケロちゃんと教室のやり方を試行錯誤してきて
最近はこんな形で落ち着いています。
スポンサーサイト
2010.11.28 / Top↑
Secret